爪を伸ばします・・・

 4月の末に5月のコンサートの中止が決まってからは、もっぱら J. Bucher を弾いていました。19世紀には多くのギター弾きが「爪(つめ)」を使い始めたと考えられますが、それでも楽器の構造や、その奏法という点から考えても、やはり爪を使わない指頭(しとう)での演奏の方がふさわしいと感じられる場合が多いです。私の Bucher もやはりそうです。
 ですからこの楽器をコンサートで使う場合は、普段の6弦ギター(三浦隆志)との併用はとても難しいので、今までなるべくそれは避けてきました。爪がなくても演奏ができるような(Bucher での)プログラムをもっと豊富に持っていれば、毎月のコンサートでも弾きたいのですが・・・。

 

 

Bucher

 

 

 というわけで、このコロナによる自宅待機期間に弾こうと、爪をほとんどない状態にして、弾いていました。カルカッシやジュリアーニなどをよく弾きました。
 6月27日の京都も中止になったのですが、6月20日の浜松はまだ中止という話は来ていないので、開催のつもりで準備(爪を伸ばして)しなければなりません。完全に切ってしまったわけではないので、直に伸びてくるでしょう。
 Bucher で弾いたソルの練習曲(月光)をお聞きください。(次はいつ Bucher を弾けるのかな・・・?)

 

 


ひさしぶりに、アートステージ567へ

 暑い一日でしたが、二ヶ月ぶりに京都市内へ出かけて参りました。目的は「アートステージ567」のオーナー、本田ご夫妻と会う為です。
 6月27日に予定していた「藤井眞吾 コンサートシリーズ」も開催は見送ることといたしました。諸々の状況のことを考えつつ、本当に残念ですが、来月(7月25日)は必ず開催したいと思っておりますので、皆様心のご準備をして下さい!
 さて、本田さんご夫妻はお元気で、なんでも「CORONADOproject 2020」と言うのが立ち上がり、「手ぬぐい CORONADO TENUGUI」の販売を始められたそうです。

 

 

honda-1

 

 

 いつもコンサートをさせて頂く二階のスペース(ここが「アートステージ567」なのですが)、ご覧のように「工房」と化していました!

 

 

honda-4

 

 

honda-3

 

 

 お二人で手ぬぐいを製作、そして発送されるそうです。
100枚限定で
1500円で発売します(送料別)
・・・だそうです。

 

 

honda-2

 

 

 そこで、早速私達もひとつ購入いたしました。

 

 

honda-5

 

 

 「CORONADOproject 2020」(←の詳細はこちらでご覧下さい!) 皆さんもひとつ如何ですか?

 

 


麗しき五月に(R.シューマン)

 五月になりました。
 R.シューマン(R. Schuman ( 1810 - 1856))の歌曲集「詩人の恋 Dichterliebe Op.48」の第1曲目「麗しき五月に Im wunderschönen Monat Mai」をお聞きください。ここで使用している楽器は、19世紀初頭にウィーンで活躍したギター製作家 J.ブッヘル(Johann Bucher (1792-1856 / Wien)) によるものです。ブッヘルは有名なシュタウファーの弟子ですが、なんとシューマンとブッヘルは没年が、同じ 1856年なのですね。運命を感じます。

 

 

 

JUGEMテーマ:クラシック音楽


花がいっぱい

 私の家に通っていた生徒達も、ONLINE LESSON にシフトして、一通り終わり、最初は不安のあった船出でしたが、予想以上に落ち着いて出来たようで、ホッとしているところです。
 普段からあまり外出はしない生活ですが、非常事態宣言が出てからは精神的な緊張がやはりいつもとは違うと感じています。ちょっと近所のコンビニやスーパーへ食料などを買い物に行くくらいが、息抜きです。
 こんな青空と雲のきれいな日が、二三日前だったと思います。

 

 

sky

 

 

 八幡市の有名な「ラクガキ寺」はすぐ近く、門前にはナミズキがきれいに咲いています。

 

 

rakugaki

 

 

 お地蔵さんの頭を覆うように、色とりどりのツツジが満開です。

 

 

tsutsuji-1

 

 

 これもツツジでしょうか? この道を通る旅に歩みを止めて、しばし眺めます。

 

 

white

 

 

 これは花じゃなくて、「かぶ」。ご近所から頂いたのを「甘酢漬け」にしました。この「純白」が妖艶ですらあります。美味しかった!

 

 

kabu

 

 

 うちの小さな畑に生えているのですが、「ひめつるそば」というらしいです。可愛らしい花。

 

 

himetsurusoba

 

 

 女房が育てている「スナップエンドウ」、もう食べちゃいました。

 

 

endou

 

 

 一筋入った、淡いピンクがおしゃれです。

 

 

white-tsutsuji

 

 

 これは何と言うのでしょう? 白がきれい。

 

 

nandaka

 

 

 5月6日が過ぎても、この生活は続けるべきでしょう。非常事態宣言の解除など無謀です。

 

 


満開のハナミズキ

 我が家のすぐ近くに「単伝庵」、通称「らくがき寺」があります。お寺の境内には桜の木があり、先日まで満開でしたが、今は門前にあるハナミズキが満開です。

 

 

hanami-1

 

 

 ハナミズキの後ろに見える桜の木はすっかり緑の葉になりました。

 

 

hanami-2

 

 

 少し桃色の差した「白いハナミズキ」

 

 

hanami-3

 

 

 可愛らしい、暖かい「赤いハナミズキ」

 

 

hanami-4

 

 

 いつも心が癒されます。

 


沢山の贈り物

komeko

 

 

 生徒が送ってくれました。かの有名な! 熊本製粉の米粉です。これで、山ほど米粉パンを焼きましょう。

 

 


コロナ見舞い

 92際になる北海道の母が「コロナ見舞い」と称して、大好きな鮭とお菓子を送ってくれました。さっそく頂きました。

 

 

salmon

 

 

 右手に見える、ねじれたお菓子が、私が子供の頃よく食べた「きな粉ねじり」と言うお菓子です。触感が独特です。懐かしい!

 

 

kinako

 

 

 生徒が堀りたてのタケノコを持ってきてくれました。茹でて、そのまま、わさびとしょうゆで「刺身」で食べました。春の味です。

 

 

takenoko

 

 

 自宅謹慎でも、美味しいものを頂いております。

 

 


手作りマスク

 我が愛妻が、布でマスクを手作りしました。関東にいる二人の娘達はまだ手元にあるそうですが、このままではいつ底をつくか解らないので、緊急用として作りました。不織布を取り寄せて、フィルターとします。

 

 

mask

 

 

 我妻は、ママレードとか、ジャムとか手作りすると(本業がデザインと印刷なので・・・)ついつい、プリンターでラベルをデザインしてプリントした物を用意します。するとなんだか既製品みたいに見えて、手作り感が薄くなるのですが、・・・立派な手作りです。
 生徒の中にももうマスクがないと言う人がいたので、送ってやりました。
 今日は昨夜出来上がったギター五重奏の譜面も送ったので、二回、郵便局に行きました。
 道中の花もきれいです。
 これは「カラタチ trifoliate orange」

 

 

karatachi

 

 

 これは「カラスノエンドウ(烏野豌豆)Narrow-leaved Vetch」、・・・だそうです。

 

 

karasu

 

 

 今日は一日、春らしいいいお天気でした。

 

 


小径の花

 私の家から近くのコンビニに行くまでの100m程の小径に色々な種類の花が咲いています。女房が花が好きで、私に色々と花の事を教えてくれます
 これはミモザ(Mimosa)。

 

 

mimosa

 

 

 これは花びらが幾重にも重なった、豪華絢爛な椿(Camellia)。

 

 

camellia

 

 

 これは馬酔木(Pieris)。

 

 

Pieris

 

 

 桜は満開を過ぎたところです。

 

 

sakura

 

 

 その桜の木の手前に「はなみずき(Dogwood)」がありました。

 

 

dogwood

 

 

 桜とはなみずきは、日米の友好の印です(手前がはなみずきで、奥に見えるのが桜)。

 

 

sakuradog

 

 

 今日は穏やかな一日でした。

 

 


娘の結婚式

 2020年3月14日、娘が結婚しました。朝から雨でした。二人で傘をさして式場へ。

 

 

hana-7

 

 

 なんと、結婚の誓いを立てる頃から雨が上がって、空も明るく晴れになりました。次の写真は39年前に新郎新婦だった私達です。

 

 

hana-1

 

 

 新型コロナウイルス蔓延の影響で、結局結婚式は両親と兄弟だけの参加となりました。友人、恩人、親戚の参加は残念ながら中止となりました。

 

 

hana-2

 

 

 それは残念なこと、一年かけて準備した、とっても楽しみにしていた結婚式ですから、誰よりも本人達が一番残念だったと思いますが、彼らはそのようなことは一言も口にせず、始終明るい笑顔を私達に見せてくれました。偉いと思いました。

 

 

hana-3

 

 

 そして長女夫婦も仕事を調整して東京から駆けつけてくれ、いつも明るい声をかけ、妹の結婚式を明るく、楽しく、めでたいものに演出してくれました。有り難いと思いました。

 

 

hana-4

 

 

 私もギターを弾いて祝福しました。

 

 

hana-5

 

 

 結局披露宴ではなく「会食会」となりましたが、会場も素晴らしく、雨上がりの庭は緑が一杯で、きれいな空気に満たされていました。

 

 

hana-6

 

 

 これで、昨年の3月の長女の結婚式に続き、二人の娘が結婚したことになります。夫婦仲良く、力を合わせ、充実した人生を送って欲しいと心から願っています。

 

 

 


| 1/29PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

search this site.

selected entries

categories

藤井眞吾のその他のサイト

1. 藤井眞吾の Official Web Site


2. 藤井眞吾の Facebook Page


3. 藤井眞吾コンサートシリーズ

6月27日[土]
公演中止


5. Contact by E-mail

mail me

関連サイト

マンサーナ Manzana

Manzana Logo


Facebook

archives

recent comment

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM